債務整理を選ぶときのポイント

債務整理を選ぶときのポイント

債務整理をどうしてもしなければならないとなった時、債務整理と一言で言っても任意整理、民事再生、自己破産と幾つか方法が分かれています。ではどんな時、何を選ぶのが適切なのでしょうか。

 

 

 

任意整理に関しては金利が一切発生しなくなり、尚且つ元本の一部を返済するというものなのでカットされた金利分に対して過払い金が発生すればその分を取り返すことが出来ます。長期支払で目処が立たない時におすすめになります。

 

 

 

民事再生は現在の借金返済がどうしても困難と裁判所で認めて守られば一部カットの上で3年を以って返済できるように調整できます。こちらは返済記録を残しつつも大幅に元本をカットできる仕組みです。

 

 

 

そして自己破産ですが、すべての借金を帳消しにする代わりに高価な財産を回収されるというものです。つまりここまで見てみても何をしても返済できないような状態で高価な財産も無ければ自己破産、自分の財産を守りたいが大幅にカットしたいときは民事再生、過払い金が戻ってくる可能性があるのであれば任意整理といったように、人まずは現在の状態を確認しつつどの対応を取ることでその人のお金のまわり方が円滑になるかどうかというのを確認してから選択する必要があります。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ